セントラル法律事務所
ホーム
弁護士紹介
業務内容
弁護士費用
アクセス
FAQ
事務所報
ご連絡先セントラル法律事務所 〒105-0004 東京都港区新橋1丁目18番2号 明宏ビル7階TEL 03-3508-0707(代表)FAX 03-3508-0920
弁護士紹介(詳細プロフィール)
名 前
早野 貴文 (はやのたかふみ)
経 歴
生年:昭和29年9月
出身大学:昭和57年 京都大学法学部卒業
弁護士登録年:昭和59年 東京弁護士会
所属委員会、団体
 弁護士会委員会 
 東京弁護士会綱紀委員会、
 日本弁護士連合会業務改革委員会
学会
 日本法社会学会、司法アクセス学会理事
公益活動
 社団法人日本栄養士会 監事
その他
 「司法制度改革と先端テクノロジィ」研究会
  (http://www.legaltech.jp)
 インデックスフォント研究会、その他  
著書、論文etc
近時の主要なものとしては以下のとおりです。
2004年
「弁護士倫理の座標」、日本法社会学会編「法社会学第61号 弁護士論の現在」(有斐閣)所収

2005年
「東京地裁平成10年7月17日判例分析/金融商品等(銀行の責任)」、判例タイムズ1178号「説明義務・情報提供義務をめぐる判例と理論」(判例タイムズ社)所収
「弁護士の責務とプロ・ボノ義務−論争の構図」、判例タイムズ1188号(判例タイムズ社)所収

2006年
「栄養士業務と知的財産―知的財産(権)・著作権にどう臨むか―」、栄養日本第49巻第5号所収
「わかりやすい司法への論理/わかりやすさとわかりにくさの界面」、自由と正義第57巻第6号所収
趣味・特技
 とりたててありません。趣味には至っていませんが、最近、自然志向を強めつつあります。
ひとこと    
 より本質に迫る解決、より健全で安定した明日につながる落着。そのために常に戦略を思考し、戦術を練る。これらは事務所としても、個人としても心掛けていることです。
 日常性の中での普段着の正義を大切にしながら、幅広い領域の時代性を帯びたさまざまな法的な課題に、科学的なアプローチをもって臨むようにしています。
 近年は、公共セクターや民間企業に対し、弁護士プラクティスの技法を活用しての、公的制度や各種事業の立案・運営に関するコンサルティング業務を重視しています。
(c)Central Law Office